ワーママの時間の使い方

スウェーデンへ家族で移住し、現地のプレスクールで保育士として働くアラフォーママです。

この記事を書こうと思って、自分がいわゆる「ワーキングマザー」であると認識しました。

子どもが生まれてから仕事を辞めたので、初めてワーママをやっているんだな。

とはいえ、私がシフト勤務の上、都心まで通勤しているので、子どもの送り迎えは夫が95%やっており、しかも帰宅後にそのまま夕飯まで作ってくれるので、私は帰って子どもと遊ぶだけ。

これってかつての「日本のお父さん」ですね。

夫には感謝です。夏休みがあけたら、シフトが変わるので、分担の見直しが必要です。

 

さて、今は夏休みですが、私は保育士養成コースの学生でもあるので、毎週出る記述式の課題にまじめに取り組もうとしています。

日本の大学で発達心理学や教育学を勉強しているので、課題の多くは「はい、はい」という感じなのですが、課題に対する参考文献(大学レベルでないので、ネットの情報)をスウェーデン語で探して、読んで、それをスウェーデン語で書く、というこの作業に毎回毎回泣きそうになります。

とにかく時間がかかるので、限られた時間の使い方にはシビアです。勉強は好きだけど、他にやりたいことはある。

そのためには、スケジューリングが大事!!

今週の計画 ⇓

<スケジュールの組み方>

① 直近(週単位)のやるべきことを書きだす

② 期限を書きだす

③ 優先順位をつける

④ まとまった時間に優先順位高い方から始める

・・・、と当たり前すぎることを書きました。

 

大事なのは、やることの中にも2種類あることを意識することです。

1、絶対にやらないといけないこと                                                             2、やらなくても別に大丈夫だけど、やりたいこと

「1、やらないといけないこと」からは逃げられませんが、「2、やりたいこと」になると、それをやらないからといって、困ることは少ないので後回しにしがちです。

しかし、「1、やらないといけないこと」だけをやるのは、私の場合、自転車操業のようなもので、消耗が大きいわりに、あまり身になっていないことが多いです。

そこで私は、まとまった時間の8~9割は、「1、やらないといけないこと」にあてて、残りの2~1割は「2、やりたいこと」にあてています。

例えば、今この記事を書き始めたのは、23:20です。

21:00 ~ 24:00 までのうち、8割は課題にあて、残りはブログを書くことにしました。

ブログを書くことは「2、やりたいこと」になります。

「2、やりたいこと」に費やす時間をできるだけ毎日確保することで、自分の成長を感じられるし、充実感を持って一日を終われます。

 

ということで、本日も充実感を持てたので、終わりにします。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました