スウェーデンのプレスクールの夏休み

日記

スウェーデンへ家族で移住し、現地のプレスクールで保育士として働くアラフォーママです。

スウェーデンは日本より1か月早く夏休みシーズンが到来します。

こちらの夏休みは、なんと多くの人が4~5週間どどんと休みを取ります!!

お盆休みのように全員が同じ時期に休むわけではありませんが、7月まるまる休む人が多い印象です。休みの都合は各家庭の事情で様々です。もちろん職種によっては、時期が選べないこともあります。はい、まさに私です。

 

私の職場の夏休み

私の働くプレスクールでは、例年7月2週目から4週間閉めるようです。3~4月頃に各家庭に夏休みの取得状況を聞き、夏休みの間に保育が必要かどうかを確認します。今年は夏休み中は保育の必要がないため、まるごと閉めることになりました。

例年6月末で休みに入る家庭が多かったようですが、今年は7月1週目(今週)も30人中19人が来ていて、同僚がびっくりしていました。

閉まっている間に職員だけ出勤して会議や掃除などは一切ありません。掃除も業者に委託します。大掃除のためにプレスクール中の掲示物を取り外したり、マットをクリーニングに出す準備をしたり、というのも、業務中に一人の保育士がせっせとやっていました。

 

我が家の子どもたちのプレスクールの夏休み

こちらは、同じ株式会社が経営する近くにあるプレスクールと共同で7月もどちらかを開けて、保育ができるようにしてあります。こちらも3月に夏休みの取得状況をプレスクールに提出して、先生たちの夏の保育の分担を決めます。

今年は初めてこの夏の期間の特別保育のお世話になっている我が家。いったいどれだけの子どもがいるのかなと思いきや、なんと2つのプレスクールで合わせて約100人の子どものうち約10人!!しかも16:30頃にお迎えに行くと、我が家の2人を入れて4~5人。都心のプレスクールとのこの違い!何だろう?

 

まとめ

スウェーデンに来て3年。初めて本当の意味での夏休みがやってきます。

4週間の休みなんて日本にいる時には、仕事をやめない限りありえませんよね。これが普通のスウェーデン社会。この夏休みを取ることで、自分の仕事への向き合い方や職場の雰囲気に何か変化があるのか?今からわくわくします!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました