スウェーデン保育士養成コース

スウェーデンの保育講座

スウェーデンへ家族で移住し、現地のプレスクールで保育士として働くアラフォーママです。

 

先日、下記のツイートをしました。

今回はスウェーデンの保育士養成コースでどんなことを学ぶのかを書いていきます。

その前に、スウェーデンのプレスクールにおける「保育士」とは、どういう資格でどういう役割があるかは、こちらの記事をどうぞ。

スウェーデンのプレスクールで働く人
プレスクールで働いている人はどんな人なの? Förskol...

 

基礎コース

基礎コースには9科目があります。

  • 発達心理学
  • 教育理論
  • 教育指導法
  • 民族学
  • 健康教育
  • 基礎保健と保育
  • コミュニケーション
  • 人間を取り巻く環境
  • 特別支援教育1

KOMVUXと呼ばれる成人学校で学ぶ場合は、1科目を5週間と設定されています。学校によりますが、教科書が指定されていたり、先生がレジュメを作成してくれたりします。

私の学校では、e-ラーニングの教材があり、学習のガイド役になってくれます。

また、毎週 or 隔週で論述形式の課題があります。日本語の文字数的には、1,000~1,500文字くらいでしょうか。科目終了時には、試験がありました。論述か1問1答形式となります。

なお、「教育指導法」の科目は、4科目の教育実習が含まれています。

 

応用コース

基礎コースには3科目あります。

  • 子どもの学習と発達
  • 子どもの創作活動
  • 教育実習

教育実習の科目は全10週あり、そのうち5週間は実習になります。

現在、2019年10月時点で私は「子どもの創作活動」まで修了しました。残すは最後の「教育実習」です。私は、すでにプレスクールの現場で働いているので、実習免除を認めてもらえます。しかし、なかなか人から指導される機会が少なく、何が正しいのかわからなくなることがあるので、ぜひとも指導役の主任から学びたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました