初めての保護者面談?

スウェーデンへ家族で移住し、現地のプレスクールで保育士として働くアラフォーママです。

先日、下記のツイートをしました。

 

スウェーデンのプレスクールの多くは、年に2回Utvecklingssamtal (直訳は発達面談)と呼ばれる保護者面談が予定されています。

こちらの学校制度では、年間を秋学期と春学期に分けて運営されており、各学期に1回ずつ開催されます。

私はこれまで保護者面談を担当したことがありません。その理由としは、語学と雇用契約と経験とが足りていないからだと理解しています。

それがこの度、春学期の面談でデビューしてみようという流れになりました!!

 

準備の仕方

ほとんどの園で面談のフォーマットがあります。

私の園では、①園での様子、②発達の考察、③活動への参加度といった項目が並んでいます。

③活動への参加度という項目はスウェーデンの特徴だと言えます。これは民主主義を土台とする国で、意見を表明することの重要さ、大切さを伺えます。さらに、教育要領では「全ての子どもに適した環境を与えること」がうたわれているので、参加度が低いということは、園での活動がその子に適していないと判断ができます。それを子どもの意見と受け止めることもできるでしょう。

 

これらの項目について、担当の保育士が代表してフォーマットに書くとしても、チームのメンバーとその子の様子や発達について議論します。チームで働くスウェーデンの現場では、保育士それぞれで見ている場面が違ったり、視点が異なるため、多角的に子どもを捉えられるメリットがあります。

職場ではなかなか議論の時間が取れなかったので、各自の意見をフォーマットに記入して、担当者がそれらをまとめて保護者に対峙するということにしました。

 

面談の運営の仕方

年間計画ですでに面談を実施する週が決められています。各クラス2週間の期間があります。

職場では火~木曜日の2時~3時半を面談可能な時間として、子ども一人あたり30分が割り当てられます。

開催場所はプレスクールとなります。職員の休憩室を使うか、子どもが外におり保育室が使える場合は、そちらになります。

ちなみに、この春学期の面談は新型コロナウイルスの影響で、保護者の希望があればSkype等のビデオ面談も可能とし、あとはできるだけ屋外で行うよう途中から自治体がお達しがでました。

 

時間は保護者に希望時間をカレンダーに記入してもらう形をとっています。

私の記憶だと日本の学校は、教師側から時間が言い渡されていたと思いますが、こちらは保護者の予定を優先します。

保護者の都合が上述の時間で合わない場合は、別途調整となります。

 

初の面談はどうだったのか?

面談で伝えるべき子どもの園の様子や発達のことをしっかりと記述し、同僚の意見ともすり合わせました。

しかも、スウェーデン語の先生(現在プライベートでレッスンをしています)にも内容を見てもらい、ロールプレイもして準備はばっちり!とその日を迎えました。

ドキドキしながら予定の時間が近づき、保護者を迎えに行こうとすると…

 

なぜか同僚が保護者を迎え入れ、該当の場所へ連れていくではありませんか!?

何が起こったのか、全く理解できません。

 

どうやら、勤務時間の関係で最終時間に予約を入れた保護者は、早番の保育士が担当することに2人の同僚で決めていたのでした。

事前に伝えられなかったショックと意気込みがパーになったショックとで、涙をこらえながらその後の時間を過ごしました。

色々な思惑が頭をよぎり、とても悲観的な気持ちでした。

スウェーデン語の先生も夫も、この対応は普通ではない、とのことで、気が進まないと思うけど、同僚と話した方がいいと。でないと、今後もこの手のトラブルが発生するよ、とアドバイス受けました。

日本だと新人が先輩から受けたちょっとあり得ないことは、ひたすら耐えるというのが一般的かと思いますが、ここスウェーデンは違いました。

非常に苦痛なことではありましたが、その同僚に「なぜ担当を変わったのか?」「なぜ事前に連絡をしなかったのか?」をたずね、こういう変更は事前に伝え合おうと確認しあいました。

同僚としては、チームのみんなの勤務時間を守るためという提案だっただけで、全く悪意はなかったとのことでした。「ごめんね」という言葉も聞けたので、とりあえずホッとしました。

 

気合い十分だったので、今回面談を受け持つことができなかったことは残念ですが、準備も含めとてもいい勉強になりました。

 

コメント

  1. まや より:

    はじめまして
    昨年の9月にデンマークから越してきて、夫がたかこさんと同じようにプレスクールで働いている者です。(3歳と1歳半の子供がいる専業主婦です)
    日本と違ってこちらは上司にも別け隔てなくキチンと意見を言い合うのが普通のようなので、後々のわだかまりが残らないで良いですよね。これからも色々あると思いますが頑張ってください。
    これからも時々ブログ読ませてくださいね

タイトルとURLをコピーしました