スウェーデンの幼児教育施設の申し込み方法

スウェーデンの保育講座

スウェーデンのプレスクールへの申込はどうやってするの?

自治体のホームページから申請します!

 

申し込みの仕方やルールなどは、各自治体によります。

私の住んでいる市は、生後3ヶ月から自治体ホームページから申し込みをします。プレスクールは第三希望まで登録でき、変更は自由にネット上でできます。

申し込みをする時に、いつから通わせたいか、という日付を入れます。その時に希望の場所に空きがあれば、すぐに入れるのですが、入れない場合は待機児童になります。

それでも4ヶ月の間に、自治体はその子のために空いている所を用意する義務があります。その用意されたプレスクールが希望の学校であればいいのですが、そうでない場合もあります。そうなった場合、通うか通わないかは親の判断です。

通う場合は、希望のプレスクールが空くまで、申し込みをそのままにしておくことができ、数ヶ月して第一希望に入れる、なんてこともありえます。その場合、子どもは転校することになります。子どもがその学校に馴染んで、転校させたくない、という場合は断ることもできます。

一方、市から用意されたプレスクールを何らかの理由で断る場合、そこで申し込みは一度リセットされてしまい、再び申し込みをし直すことになります。待機児童が少ない市であれば、さほど苦ではないのでしょうが、今住んでいる市は、人口増加のため待機児童が多いとみんな口を揃えていいます。実際何人待機児童がいるのかは、定かではありません。(自治体に聞いても答えてくれません)

ちなみに、スウェーデンの小学校以上の新学年の始まりは8月です。プレスクールもそれに合わせてこの時期に多くの空きがでます。(日本の0歳児4月が保育所に入りやすい、みたいなもの)そのため、育児休暇を7月まで取り、8月から復職する家庭が多いです。

日本の都心部の待機児童のように、待てど暮らせど保育の場がない、ということにはなりません。誰もが働くために、必要な保育の場を必ず用意する、これは国を維持していく上で、当然のインフラであるべきです。人口、土地、税制など様々な違いはあれど、日本は社会保障の面でスウェーデンを見習うべき点はまだまだあると言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました