スウェーデンのプレスクール 雨の日の過ごし方

日記

スウェーデンへ家族で移住し、現地のプレスクールで保育士として働くアラフォーママです。

本日は朝から雷雨の天候。

基本的に雨だろうが、雪だろうが、氷点下の気温だろうが1日1回は外で活動するスウェーデンのプレスクール。

しかしながら、私が受け持つクラスの子どもたち(1~3歳)をこの雨の中に外に連れ出し、活動するのもなかなかの大仕事。今日はさすがに室内活動にすることになりました。

しかし、元気がありあまる5人の男の子が、お昼寝部屋として使っている部屋(10㎡くらい)に入って走りまくる、走りまくる。

普段ならば禁止するのですが、今日は外活動ができなので、せめてここで体を思いっきり動かしてくれれば、と思い許可しました。

まあ、子どもたちは楽しく動きまわっているのですが、どんどんエスカレートするのが子ども。みんな顔を真っ赤にしながら、部屋の端から端を走る遊びを楽しんでいました。順番もそれとなく守っていたり、「友達に突進するな」と注意する私をまねて友達に「だめだめ」と言う子がいたり、遊びの中でルールや役割を作っていくところが見られました。でも、少しアクティブになり過ぎたかな、と反省点も。

 

そして、同じクラスで働く同僚から、

「チームリーダーがこの部屋で活動するの好きじゃないみたいだからやめた方がいいよ」

と途中で忠告されました。

スウェーデンや北欧の幼児教育の現場は「何でも自由に!」と思われている人も多いかと思いますが、こういうこともやっぱりあります。

とはいえ、言葉のせいもあってチームがうまく機能していないということも否めないので、こういう注意は悲しいですが、自分の語学力をアップしてもっとお互いの理解を深めないとな、と思っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました